--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/26-a3fa542d

04

23

コメント:

武士道の死生観と「おもてなしの心」

現場半生中継 その9

「おもてなしの心」という言葉をよく耳にするようになりました。

出口が見えない不況、企業の国際競争力低下、雇用不安、超高齢化社会、国賊
政治家の居直りなどなど・・・。もはや亡国の危機にあるかのようなニュース
ばかり繰り返されるなかで、「日本の強み」という話題になったとき必ず出る
のが「日本のおもてなしの心」という言葉です。

ピンとくるような、こないような。
僕は仕事柄、今まで世界中を旅して回ってきたのですが、アメリカでもアジア
でもヨーロッパでも、あるとこにはあるのが「おもてなし」というもので、日
本の専売特許のようにいうのもどうかと・・・。

高級なサービスということであれば、ロンドンのホテルリッツと香港のペニン
シュラと石川県の加賀屋を比べても、いずれも高いおもてなしを感じます。ま
た、ロスのコンビニの店員が日本のコンビニの店員に比べて著しくサービスが
悪いと特に感じたこともありません。
タイのリゾートのスパでも東京ディズニーランドでも、同じくおもてなしの心
を感じます。

本当に「日本のおもてなし」は国際的な武器になるのでしょうか?
そもそも、おもてなしとは何ぞや? 

加賀屋の客室係の女性に宛てて宿泊客が送った手紙の内容を本で読んだのです
が、加賀屋流のおもてなしについては少し分かったような気がします。
抽象的ですが、加賀屋の接客には”命がこもっている”のです。
手紙の内容は、客室に入ったお客様がテーブルに亡き妻の遺影を置いたのを見
た客室係がさりげなく夕食の際に蔭膳と花を用意したことへの感謝の礼状でし
た。文章からは、この客室係の非マニュアル的な深くさりげないやさしさが伝
わってきます。
このような宿泊客からの手紙は何百通もあるのだそうです。

とても日本的だと思うのは、武士道に通じる凛とした死生観です。蔭膳ととも
に日本の心が消えたという文化人類学者も多くいます。旅に出た大切な人の安
全を祈って、その人の膳を食卓に並べる。また、亡くなった人が生きているか
のように席を作って膳を置く。
人への深い感謝と「日本のおもてなし」は一体のものです。

日本の「おもてなしの心」を武器にする前に、「人への深い感謝の心」をまず
日本人が取り戻すことから始めなければいけないでしょう。
男の武士道、女の武士道、生きることと死ぬこと、感謝することで幸せになる
心のあり方、時間をかけてしっかりと学びたいと思います。
(つづく)

P.S.

中国では上海市、江蘇省(南京市や蘇州市など)、浙江省(杭州市や寧波市な
ど)を長江デルタ地域と呼んでおり、2020年までにサービス業を主力産業
とし、汚染排出を抑えた環境モデル地区にすると政府が打ち出しています。

日本の「おもてなしの心」「自然と共生する心」を武器にするよう、サビを落
とさねばと身を律します。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/26-a3fa542d

プロフィール

Majestic Real Associates

Author:Majestic Real Associates
majestic.real@gmail.com
「日本の文化を世界へ」を目標にエンタテインメントとメディアの世界で日本を騒がせてきました。今度の舞台は上海です。世界№1都市へと成長する街に美と文化を花開かせます!

万年筆・ボールペン・ペンシルの本格派通販ショップ【高級万年筆の文栄堂】

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!
マッスルモール!

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。