--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/30-7ad69681

05

09

コメント:

環境問題に目覚めた中国のエコ市場は100兆円規模!

現場 半生中継 その10

先日、中国の水不足と水質問題、そして安全で美味しい水のビジネスチャンス
が非常に大きいことをお伝えしました。
僕がプロデュースする上海の施設では全て「水まで美味しい」をキャッチフレ
ーズのひとつにする計画です。

今日は引き続き環境問題と環境ビジネス全体について考えてみましょう。

中国情報専門サイトのサーチナが去年上海で行ったインターネット調査によれ
ば、中国人の9割が「中国の環境問題は深刻である」と答えています。
これは、僕ら日本人にとってある意味ホッとする話で、少なくとも中国のとん
でもない環境汚染について問題意識は持っているということです。

当然、中国政府も国際世論と高まる国内世論を受けて、大胆な環境政策を打ち
出しています。
中国国務院は環境都市政策として「エコシティ」という最先端技術を駆使した
モデル都市を計画しており、2020年に向けて20以上のプロジェクトが動いてい
ます。
最初で最大のエコシティ計画は天津市です。3兆5000億円もの予算を投下して、
35万人が住める都市を建設中です。日本総研のレポートによると中国のエコシ
ティ全体の市場は100兆円を超えるものと予測されています。

ちなみに、日本の環境ビジネス市場は2000年には29兆9000億円だったのが2010
年には47兆2000億円に急増し、2020年には58兆4000億円になると予測されてい
ます。日本の環境ビジネス市場も急伸しているわけですが、それにしてもエコ
シティ計画だけで100兆円市場というのですから、環境問題に目覚めた中国の
市場は驚くべき規模です。

日本の環境企業もこの中国市場を当然の事ながら狙っているのですが、実際に
はシンガポールやイギリスなどが政策の段階から関与して深く食い込んでおり、
日本企業は出遅れているようです。
どうして、いつもいつも日本はこんなに遅いのでしょうか。
最大の原因は、政府と一体となって企業が受注活動を行うシンガポールなどと
違い、日本は企業単独での活動となるためリードタイムが長く回収まで時間の
かかる大型プロジェクトには参加できないことのようです。

無駄を徹底的に排除する一方で、利益の上がるプロジェクトに対しては柔軟に
迅速に投資する政策が求められていることはいうまでもありません。
年金等の歳出にばかり頭をつかうのではなく、どうすれば歳入が増やせるかを
考えないのなら、政治家も官僚も無用であると断言できます。

環境ビジネスの主たる事業は、廃棄物処理、再生素材資源のリサイクル、省エ
ネ、大気・水質汚染防止、騒音・振動防止、教育・訓練・情報サービスなどが
あります。
僕がプロデュースする施設では、まずリサイクルと教育・情報サービス(エコ
啓蒙)に力を入れたいと思っています。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/30-7ad69681

プロフィール

Majestic Real Associates

Author:Majestic Real Associates
majestic.real@gmail.com
「日本の文化を世界へ」を目標にエンタテインメントとメディアの世界で日本を騒がせてきました。今度の舞台は上海です。世界№1都市へと成長する街に美と文化を花開かせます!

万年筆・ボールペン・ペンシルの本格派通販ショップ【高級万年筆の文栄堂】

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!
マッスルモール!

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。