--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/38-c75f9a02

07

11

コメント:

自動車で成長を遂げてきたニッポンが、世界最大の自動車大国になすべきこと

現場半生中継 その16

中国の自動車市場が世界一になったというニュースは知っている方も多いかと
思います。
販売台数でアメリカを抜き、製造台数で日本を抜き、数字だけでいえば名実と
もに世界トップになりました。

しかし、中国に長く滞在したことのある方なら誰でも分かる通り、中国は全く
もってクルマの先進国とはいえません。
信号無視する人びと、逆走するバイク、立ち込める排気ガス・・・・。
とても外国人がクルマに乗ろうと思える環境ではありません。

数字をもう少し詳しく見てみましょう。
中国の2009年の自動車販売台数は1364万台に達し、アメリカの1042万台を抜き
ました。これにより、中国は世界シェアの20%に達したことになります。
しかし、自動車の保有比率で比べると2008年末時点で中国の保有台数は約5000
万台で人口100人あたりの普及台数は4台に過ぎません。日本の60台、アメリカ
の80台と比べると中国の自動車の普及率がいかに低いかが分かります。

つまり、中国の自動車市場の伸びはこれからが本番だということです。
もし中国の普及率がアメリカ並みにあれば、中国だけで世界の自動車保有数と
並ぶ計算になります。

こんなにホットな中国の自動車市場で各メーカーの状況はどうなっているので
しょうか?

まず、中国の国内メーカーは100社が乱立し激烈な競争を繰り広げています。
また、当然世界の主要メーカーも巨大市場に群がっているので大混乱の渦のな
か数字だけが膨張しているのが現状といえます。
世界的に自動車業界はビッグ3という言葉がよく使われます。GM、フォード、
クライスラー。トヨタ、日産、ホンダ。ワーゲン、ベンツ、BMW。
自動車大国はスモール100がビッグ3へと淘汰して行くのが常なので、中国も
いずれはメーカーの数が減り、代わりに世界的メーカーが出現してくるのでし
ょうね。

日本メーカーでいえば、日産がトヨタ、ホンダを押さえ一番の販売台数となっ
ています。いずれにせよ、各社のシェアは毎年大きく変動しており、米・独・
中・日・韓のメーカーによる戦国時代の勝者がどこなのか、10年経ってみない
と全く予想不可能というのが実態だろうと思います。

なぜ、自動車の話を突然はじめたかというと、うちの上海の施設のオープニン
グコンセプトとしてクルマをテーマに全館プロデュースするアイデアが進行中
なのです。

自動車を産業の柱にしてここまで成長を遂げてきたニッポンが、いまの中国に
向けて、さて何をすべきでしょうか?
これが僕の大きな関心です。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/38-c75f9a02

プロフィール

Majestic Real Associates

Author:Majestic Real Associates
majestic.real@gmail.com
「日本の文化を世界へ」を目標にエンタテインメントとメディアの世界で日本を騒がせてきました。今度の舞台は上海です。世界№1都市へと成長する街に美と文化を花開かせます!

万年筆・ボールペン・ペンシルの本格派通販ショップ【高級万年筆の文栄堂】

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!
マッスルモール!

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。