--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/41-80614c11

09

22

コメント:

中国国民へのメッセージ

過去の反省と今の挑戦(その6)

上海など各地を転々としておりましたので、更新ができませんでした。
久しぶりの更新は、先日9月4日にデモ(暴動)直前の上海で僕が行ったスピ
ーチの原稿です。

日本人の多くが中国を嫌い、中国人の多くが日本を嫌っている現実の中、両国
の歴史を端的に振り返りながら兄弟国としての絆を確認したいというのが趣旨
でした。
以下、そのまま掲載します。


今日は皆様と再び会うことができて本当にうれしいです。
食事の前に、少しだけ皆様に話したいことがあります。
15分だけお時間をください。

まずは、いまメディアで話題になっている中国と日本の関係のことです。

ご存知だと思いますが、中国と日本の正式な交流は西暦600年から始まりま
した。
当時、中国には隋という国があり、日本から遣隋使といわれた使節団が定期的
に隋に行き中国の進んだ文化を学ばせてもらいました。隋の時代から唐の時代
になっても遣唐使と名前を変えて日本の使節団の定期的な中国訪問は続きまし
た。

日本が当時の中国から学んだものは、宗教や教育的な教え、政治の手法、芸術
や文学など幅広い分野に及びます。日本のエリートたちが中国から学び、それ
を日本人に教えて広めることで日本は大きく発展することができました。
1400年もの長い間、日本は中国を先生として中国を見習い歩んできたわけ
です。

そして、時代は変わりこの100年、日本は中国の教えをベースにアメリカや
ヨーロッパの技術や制度も取り入れ、かつて中国が想像しなかったような急速
な発展を果たすことになります。しかし、この日本の100年の発展は1400
年に及ぶ中国の教えがベースになければあり得なかったことだということを日本
人はよく理解しなければなりません。

さて、中国の今を私なりに分析してみたいと思います。

中国は、いま素晴らしい成長を遂げながらも、同時に多くの問題を抱えています。
少子高齢化、輸出産業への依存の限界、景気政策が生み出した不動産価格の高騰、
不動産バブル崩壊への恐怖、大規模な自然災害への恐怖など、挙げればきりがあ
りません。
ここで気付いて欲しいのは、現在の中国が抱える問題のほとんどが、一足早く日
本で起こっていることです。

先ほど話したように日本のベースは中国です。その日本が、多くの偉大な先人た
ちの努力のおかげで奇跡的な急成長を果たし、世界をリードする大国となり、そ
して中国よりも早くこれから中国で起こる問題を体験することになったのです。
この20年間、日本は成長がストップし、非常にストレスの大きい経験をしてき
ました。そのなかで、失業率も少なく、犯罪数も少なく、飢え死にする人もいな
い社会を維持できていることは、評価されて良いくらいです。

韓国の大統領が「日本はもう力がなくなったので、日本との関係が悪化しても大
丈夫だ」といったそうですが、これは国家のリーダーとして大変に情けない見識
です。
なぜなら、今日の日本の苦悩は明日の韓国の苦悩でもあるからです。
韓国の不見識は仕方がないとして、中国と日本は益々お互いを勉強して両国の人
民のために役に立てるべきです。

中国と日本がお互いを嫌い合って得をするのはアメリカや韓国であって、我々で
はないのだということを若い世代の私たちが冷静に認識する必要があるのではな
いでしょうか。
地図で見えないような小さな島を力ずくで奪い合っている場合ではないのです。

成功と挫折を体験したということでは、私も日本国と同じです。34歳で作った
会社が37歳の時に東京証券取引所に上場し、40歳のときに会社は売上20億
人民元の会社になりました。私の資産も2億人民元を超えました。しかし、これ
らの全てはいまから3年前に消えてなくなりました。
成功と挫折を超えて、今何をなすべきか、これがこの3年間のテーマでした。

さて、このような状況のなかで、私が今から何をしたいかについて簡単に紹介し
たいと思います。

まず、ひとつめに中国の政策課題でもある、内需拡大に絶対に必要なサービス産
業の発展に寄与したいと考えています。輸出産業への偏向を是正し、さらに雇用
を拡大し所得格差を緩和するために必ず必要になるのがサービス産業の健全な発
展であるからです。
日本の最近20年の反省を踏まえて思うことは、健康で安全で快適なサービスを
あらゆる業態に行き渡らせることが、中国の今後20年のために一番大切になる
ということです。

私は今、虹橋の開発エリアに建設中の「国貿天地」という複合的な商業施設のプ
ロデュースに参加しています。虹橋空港や虹橋駅に近く、世界最大の国際展示場
となる「虹橋国家会展中心」にも隣接しています。
総建物面積15万㎡の広大なフロアに、ホテル、店舗を含む各種サービス業をラ
インアップします。また、施設のなかにはサービス業のための大学院を設置する
計画もあります。
私は、日本の経験を大いに反映し、この国貿天地から上海が東京やニューヨーク
を超える世界最高のサービスシティになるためのノウハウを生み出して生きたい
と願っています。

そして、もうひとつ。上海をアジアのハリウッドにするために、この国貿天地を
生かせないかと考えています。

アメリカにあってアジアにないもの、それは文化を世界に発信していく強い力で
す。ハリウッドから映画を、サンフランシスコからインターネットテクノロジー
を世界に送り出している力こそが、アメリカを世界のリーダーにしている最大の
要因です。もはや時代は軍事力ではないのです。

中国でも日本でもアメリカやヨーロッパの文化は溢れています。
しかし、我々アジアの映画や文化はどれだけアメリカやヨーロッパに届いている
でしょうか? 21世紀はアジアの時代という経済学者は多いですが、それは人
口や賃金の安さを背景としていることがほとんどです。
本当にアジアが世界をリードするためには商品ではなく文化の輸出が肝心です。
そのためにはアジア最大の都市へと成長する上海と、アジアコンテンツの都とな
っている東京が本気で手を組む以外ありません。
そこで、国貿天地には大型の映画館とテレビ局のスタジオを入れようと思ってい
ます。アジアのスター、そして世界のスターが足を運んでくれる場所にしたいと
願っています。

今日ここにいる皆さんは、私の上海ではじめての大切な友人たちです。
中国と日本に愛と未来を与えるために、私は魂を込めて前進していきます。
中国が愛にあふれ、平和であることこそが、世界を平和にすることだと確信して
いるからです。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://shanghaimagic.blog.fc2.com/tb.php/41-80614c11

プロフィール

Majestic Real Associates

Author:Majestic Real Associates
majestic.real@gmail.com
「日本の文化を世界へ」を目標にエンタテインメントとメディアの世界で日本を騒がせてきました。今度の舞台は上海です。世界№1都市へと成長する街に美と文化を花開かせます!

万年筆・ボールペン・ペンシルの本格派通販ショップ【高級万年筆の文栄堂】

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!
マッスルモール!

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。